FC2ブログ

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年06月30日 (02:06)

南の旅と動物たち

梅雨前線の巨大なダム

沖縄の今年の入梅は遅れたのだそう…、旅支度もなんとなく捗らず。
そして迎えた6月の半ばはじめに、沖縄→宮古島→石垣島→竹富島を巡った旅でした。
週間天気予報・沖縄地方にずらりと並んだ傘マークをうらめしく思っていましたが、
那覇から宮古空港に飛ぶ飛行機の中から前線の雲を見て圧倒されてしまいました。
怖いぐらいでした。なかなか凄いものを見てしまった気がします。
あんな雲が上に居たんじゃ…と、諦めがついたところで沖縄に引き続き宮古島でも
容赦なく降られました。でも、次に行った石垣島からは晴れ間がのぞいてくれました。
珊瑚の海が一変する、嬉しい瞬間でした。

父や、大切な友人が大好きという野鳥を、私もここ最近興味を持って観ています。
にわか観察でまだ見つけるのも下手ですし、間違いも多いのですが…。
島で出会った動物たちに感動したので、図鑑を調べながら描きました。

シロハラクイナ
シロハラクイナ(クイナ科)32.5cm
宮古島の早朝、車道のあちこちに出てきてカニなどを探している様子。
足が長くてスタスタ逃げます。

イソヒヨドリ
イソヒヨドリ(ツグミ科)25.5cm
宮古空港の屋根の上でいい声で囀っていました。

リュウキュウヨシゴイ
リュウキュウヨシゴイ(サギ科)40cm
石垣島・白保海岸近く、畑傍の潅木の茂みで。
イラストは縦に描きましたが、恐竜のように体と地面を平行にして歩いていました。

キンバト
キンバト(ハト科)25cm
石垣島、林道脇で飛び立つのを見て、鮮やかな配色を必死に覚えて帰りました。
でも、帰って調べたら絶滅危惧種で天然記念物。
違ったのかもしれません。でも、そうであったら素敵です。

水牛
水牛
竹富島で水牛車に乗らせてもらいました。
“乗りました”とは言えない気配。もの凄い力持ちです。
闘牛うしが燃えるような瞳をしているとすれば、
彼らの瞳は水を湛えた涼やかさです…。


スポンサーサイト

コメント

旅行に行ってこられたのですね。
僕は飛行機が大の苦手で・・・。前線の雲を見るなんて、それだけでも怖そう・・・。
せっかくの旅行も雨で残念でしたね。でも、こんなすてきな絵を描いてこられたのですね!!さすが!!
イソヒヨドリが可愛いですね。それと牛の上にいる二羽の鳥が可愛い!!

すごい!!

飛行機の中から前線の雲を見るって、なんだかとても迫力がありそうですね!!
雨は、少し残念だったかもしれませんが、逆にめったに見れそうにないのを見れたんですね♪すごい!!
野鳥は普段大阪に住んでいると、鳩や雀、カラスぐらいしか見ないですけど・・・
沖縄には、綺麗で優雅な鳥がたくさんいるんでしょうね(^^)
イソヒヨドリの歌声が聴いてみたいですね~♪

松山さま☆

久しぶりのブログ更新でしたが、早速のコメントありがとうございました!
私も飛行機は苦手です。慣れませんよね。
アニメ「天空の城ラピュタ」で竜の巣が出てきますが、アニメでも腰が浮くようなゾクゾク感があります。
前線を見た時はそんな感じで、冷や汗ものでした。
イソヒヨドリは胸を膨らませて張り切っていましたよ。

昭穂さま☆

コメントありがとうございます☆
小学生の理科の時間で、気象天気図やりましたよね。
私は苦手で当時飲み込めてなかったと思いますが、あれも例えば
飛行機で上空から授業したらおもしろいだろうにと思ってしまいました。
イソヒヨドリ~♪は録画もしてみました。

イソヒヨドリ~♪

イソヒヨドリの動画、機会があればまたいつか見せて下さいね♪

お天気には恵まれなかったようだけど いろいろ収穫もあったみたいでよかったね。
晴れ間ものぞいて青い海も見られたようだし。
宮古島では車道にこんな野鳥が出てくるの? 車に轢かれたりしないのかしら?(@@)
時間がゆったり流れているようでいいなぁ。しばらく大阪に帰りたくなくなっちゃうよね~。

西ノ森さま☆

いつもコメントありがとうございます。
貴重な晴れ間で、日傘をさすのもなんだかもったいなくて。
野鳥は車もほぼ走らない早朝に出て来ているようでした。
が、轢かれてしまっているのもありました…(悲)。
時間がゆったりとは本当にそうですね、
大阪に戻って来てすぐにバタバタ動いている自分がちょっと
悲しかったです。

初めて飛行機に乗って雲を下に見たとき
孫悟空の気分だったりなんかとても不思議でした
一面夕日に染まった雲の上も素敵でした
別世界ですよね~雲の上って

マキちゃんの描く鳥の目はみんなやさしいね♪

ちくりん様☆

一面夕日に染まった雲の上ですか♪きっと幻想的な世界が
広がっているのでしょうね…☆人間はこんなに重たいものを
飛ばしてしまったんだんぁと、つくずく思います。
ちくりんさん、メールをありがとうございました。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://gigiobook.blog19.fc2.com/tb.php/17-6678393f
プロフィール

makimomo

Author:makimomo
イラストレーター Maki(水彩画)

・児童雑誌の挿絵、植物スケッチ、絵本等…
趣味も兼ねて、季節のポストカードやコミック本なども作っています。(Catore Gigio)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。